Julian Makino’s diary

人間学的な視点から、主に研究について論じます

大爆笑するK

先日、久しぶりに高校時代の友人と飲みに行きました。学生は私を含めて二人で、大半はもう社会人として立派に働いています。

近況を話し合ったり昔話に花が咲いたりしましたが、その会話のところどころで特に仲の良かったKが大爆笑していました。彼はクラスでも、学年全体でも人気者だったことを思い出しましたが、なぜ人気だったのかが今では分かる気がします。それは、自分の内面を無邪気にそのまま出しているからではないでしょうか。

対照的に、私は内面を出せない性格でKと比べると友達も多い方ではありません。4月から夢への大きな一歩を踏み出すそんな私に、Kがとても大切なことを教えてくれたような気がしました。これから、私がすぐに大爆笑するようにしよう!と意気込むわけにはいきませんが(私の友人がビックリするでしょう笑)、ポジティブで素直な心ならそのまま表出するのは悪いことではないのだと感じました。他人の心からの笑顔を見て、不快に思う人などどこにいるでしょうか?素直な心をそのまま出すことで、みんな安心してかかわることができるのですね。